買ってはいけないトースターはどれ?避けるべき特徴・メーカーを紹介

    本記事のリンクには広告がふくまれています。

    パンを焼くのに欠かせないトースター。

    ひとえにトースターといっても、数千円から数万円までと多くの製品があり、選び方に迷ってしまうでしょう。

    そして、なかには買ってはいけないトースターもあるため、注意が必要です。

    本記事では、買ってはいけないトースターの特徴と、逆におすすめのトースターを、購入者の口コミとともに解説します。

    目次

    「買ってはいけないドットコム」は、かしこい買い物をしたい方のためのお助けサイトです。あらゆるジャンルの「買ってはいけない商品の特徴」をまとめ、損しないアイテムを紹介していきます。

    買ってはいけないトースターの特徴

    買ってはいけないトースターには、いくつかの特徴があります。

    トースターを購入する際は、以下の特徴に当てはまるものを避けましょう。

    庫内がせまい

    トースターの庫内がせまいと、できる調理が限られます。

    たとえばピザやグラタン皿は、奥行きがないと入りません。

    食材のサイズの目安は以下です。

    • 一般的な食パン:約12.5cm四方
    • ピザM:直径約24cm
    • グラタン皿:直径20cm前後、高さ約5cm

    使用用途に合わせて、庫内のサイズを選びましょう。

    庫内のサイズの目安は以下です。

    スクロールできます
    使用用途庫内のサイズの目安
    食パン2枚を同時に焼く横幅:25cm以上
    食パン3〜4枚を同時に焼く横幅:25cm以上
    奥行き:25cm以上
    調理に使う横幅:25cm以上
    奥行き:25cm以上
    高さ:8cm以上

    庫内が広いと、一度に焼けるパンの枚数や配置できる食器の数が増え、時短になります。

    温度調節できない

    トースターの温度調節は重要です。

    温度調節なしでは、表面が焦げたり、中まで火が通らなかったりするからです。

    購入する際は、加熱方法もチェックしておきましょう。

    オーブントースターの加熱方法は以下のとおり。

    スクロールできます
    加熱方式特徴向いている調理
    電熱式時間の調節はできるが火力の切り替えはできない・トースト
    火力切替方式時間と火力を調節できる・焼き芋
    ・グラタン
    温度調節方式時間と温度を調節できる・ローストチキン
    ・シフォンケーキ
    マイコン式レシピを選択して自動で焼き上げてくれる・アクアパッツァ
    ・ブラウニー

    火力切替方式と温度調節方式の違いは、温度設定ができるか否かです。

    火力切替方式は、グラタンのような細かい温度調節がいらない調理に使えます。

    その一方で温度調節方式は、より細かい調理に対応可能です。

    たとえば、シフォンケーキは一定の温度で焼き上げないとスポンジが膨らみません。

    適温で焼き固めないと、メレンゲの泡が潰れてしまうからです。

    温度設定が必要なレシピをつくりたい人は、温度調節方式を選びましょう。

    掃除しにくい

    掃除しにくいトースターは、火災の原因になります。

    溜まった食材のカスが、庫内のヒーターに接触しやすいからです。

    トースターを選ぶときは、掃除のしやすさも見ておきましょう。

    掃除のしやすさを判断する際は、以下3つのポイントに注目してください。

    • 焼き網が外せるか
    • 扉は外せるか
    • パンくずトレイ付きか

    また、食材から落ちる油で反射板が汚れないかもチェックしましょう。

    反射板とは、トースター内で熱を放射する役割をもち、火力に影響する重要な部分です。

    そのため、反射板が汚れると、トースターの火力が落ちてしまいます。

    反射板の機能を保ちたいなら、油落ちを防ぐトレイ付きの製品を選ぶのがおすすめです。

    買ってはいけないトースターのメーカーってあるの?

    買ってはいけないトースターのメーカーはあるのでしょうか。

    ここでは5つのメーカーの特徴を紹介します。

    Panasonic(パナソニック)はどう?

    パナソニックは、日本を代表する大手家電メーカーです。

    オーブントースターなら「Bistro」が人気商品です。

    Bistroの特徴は以下のとおり。

    • 焼きムラがない
    • 自動メニューが多い
    • 液晶画面が見やすい

    SNSでは、カリッと焼き上げられた手作りピザの投稿がありました。

    Bistroは自動メニューが秀逸です。

    食材を入れてボタンを押せば、ほったらかしでおいしい料理を楽しめます。

    家事や育児の間も、自分の代わりにBistroが料理を見てくれます。

    Bistroは忙しい人や子育て中の人におすすめです。

    HITACHI(日立)はどう?

    日立は、創業100年以上の歴史がある大手の家電メーカーです。

    高熱の温風で焼き上げる「コンベクションオーブントースター」が有名。

    コンベクションオーブントースターの特徴は以下です。

    • ノンフライ調理ができる
    • パンの発酵・焼き上げができる
    • 煮込み調理ができる

    温度は40〜250℃まで設定できるので、パンの発酵から焼き上げまで可能です。

    SNSでは、手作りパンをつくっている投稿がありました。

    焼き網の下にオーブン皿をセットすれば、揚げ物から出る余分な油を受けとめてくれます。

    ただし、温風で加熱する性質上、食材の水分が蒸発しやすいデメリットがあります。

    手作りパンをつくりたい人、フライあたためを使用したい人におすすめです。

    Aladdin(アラジン)はどう?

    アラジンは暖房器具・調理器具を中心としたブランドです。

    アラジンのトースターの特徴は以下です。

    • 素早く焼ける
    • 簡単に手入れできる
    • おしゃれなデザインを楽しめる

    SNSでは、「デザインがおしゃれ」といった口コミがありました。

    本体が大きめで置き場所を選びますが、レトロな見た目でインテリアとしても活躍します。

    最大の特徴は、一度に食パンを4枚焼ける点です。

    忙しい朝でも家族そろって食事を楽しめるので、大人数の家庭におすすめです。

    BALMUDA (バルミューダ)はどう?

    バルミューダは、2003年に東京で設立された企業です。

    「BALMUDA  The Toaster」は2015年、グッドデザインアワードで金賞を受賞しています。

    バルミューダのトースターの特徴は以下のとおり。

    • 洗練されたデザイン
    • 独自のスチーム機能
    • 細やかな温度調整

    SNSでは、トーストの焼き上がりを評価する口コミがありました。

    専用スチームでパンの表面をコーティングしてから高温で焼き上げるため、パサパサになりません。

    おいしいパンを自宅で楽しみたい人は、バルミューダがおすすめです。

    IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)はどう?

    アイリスオーヤマは、さまざまな生活用品を製造している会社です。

    近年では家電製品にも参入し、低価格の製品を多く取り扱っています。

    アイリスオーヤマのトースターの特徴は以下です。

    • 価格が安い
    • 機能がシンプル
    • 本体がコンパクト

    SNSでは、「価格が安い」といった口コミがありました。

    アイリスオーヤマは、5千円以下のラインナップが充実しています。

    ただ温度調節できない製品が多く、使用の際は注意が必要です。

    機能がシンプルなトースターを求めている人にぴったりです。

    トースターを買って失敗したエピソードは?

    当サイトに集まったトースターの失敗エピソードを紹介します。

    アイリスオーヤマ EOT-012-W

    とにかく焼きムラがひどく、すぐに焦げてしまう点が残念に思いました。

    BALMUDA The Toaster K05A

    パンを焼く際は、水を5cc入れないといけないのが少し手間でした。

    ニトリのトースター

    お値段は安いのですが、火力や機能面では大手メーカーに劣ります。また、大手メーカーのトースターと比べて長持ちしない印象です。

    コイズミ オーブントースター

    シンプルな操作で使いやすいのですが、火力が強すぎてパンを焼くと焦げてしまいます。また、スコーンを焼いたときは生焼けになってしまい、火力の調節が難しいです。

    ツインバード TS‐4034

    グラタンのように焼き目をつけたいものを焼くと、必ず焼きムラがあります。電源を入れてからの立ち上がりが遅いです。

    無印良品のトースター

    形が好きで購入しました。見た目は良いのですが、焼き加減がイマイチです。焼き加減が改善されればよい商品だと思います。

    トースターを買うなら逆にどれがいい?

    ここからはおすすめのトースターとして、以下の5つを紹介します。

    スクロールできます
    商品名Amazon価格(税込)庫内サイズ
    (幅×奥行×高さ)
    温度調節機能掃除できるパーツ
    Panasonic オーブントースタービストロ NT-D700
    28,000円26.0×25.0×9.5cm120〜260℃トレイ
    焼き網
    BALMUDA The Toaster K05A
    26,500円27.4×25.4×17.8cm170℃/200℃/230℃トレイ
    焼き網
    象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22
    13,820円27.0×23.5×11.0cm80℃~250℃トレイ
    焼き網
    Aladdin グラファイト グリル&トースター AGT-G13AG 
    19,800円31.0×28.5×8.7cm100〜280℃トレイ
    焼き網
    siroca すばやきトースター ST-2D351

    15,900円29.0×20.0×10.0cm60〜280℃トレイ
    焼き網
    2023年3月時点

    Panasonic オーブントースタービストロ NT-D700

    Panasonic オーブントースタービストロ NT-D700」は、15種類の自動調理機能を搭載しています。

    パンを焼くときは、冷凍や厚切りでも中までしっかり火が通る優れものです。

    また、8段階の温度調節付きで、食材を焦がしません。

    2万円台と価格が高めな一方、パンの焼き上げや自動調理機能が充実しています。

    とくに焼き加減が5段階で選べる機能は、パン好きにとってうれしいポイント。

    バランスのよいオーブントースターを探している人は、「Panasonic オーブントースタービストロ NT-D700」がおすすめです。

    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大11倍!/
    楽天市場

    BALMUDA The Toaster K05A

    パンの食感にこだわりがある人は、「BALMUDA The Toaster K05A」がおすすめ。

    スチームにより食材を水蒸気で覆い、外はカリッと中はふっくら焼き上げます。

    また1秒単位でヒーターを切り替え、最適な温度に自動で調節してくれます。

    バルミューダは、パンの種類別に4つのモードが選択可能です。

    • トースト
    • チーズトースト
    • フランスパン
    • クロワッサン

    パン屋で購入したパンのリベイクにもぴったりです。

    焼き上がりのクオリティにこだわるなら、「BALMUDA The Toaster K05A」を選びましょう。

    \最大10%ポイントアップ!/
    Amazon
    \ポイント最大11倍!/
    楽天市場

    象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22

    使いやすいトースターを選びたい人は、「象印 オーブントースター こんがり倶楽部 EQ-JA22」がおすすめです。

    液晶モニター付きで、ダイヤルをくるくる回すだけで直感的に操作できます。

    8つのマイコン自動コースを搭載し、メニューを選ぶだけで完成します。

    8つのコースは以下のとおり。

    • トースト
    • 冷凍トースト
    • サクふわトースト
    • サクサクフライあたため
    • 窯焼き冷凍ピザ
    • 窯焼き冷蔵ピザ
    • 窯焼き手作りピザ
    • 手作りパン

    パナソニックのBistroと比べると、自動調理機能の種類は少ないですが、価格は1万円台とコスパがよいです。

    リーズナブルな価格で、自動調理機能付きのトースターが欲しい人におすすめです。

    Aladdin グラファイト グリル&トースター AGT-G13AG

    ピザ窯のような焼き上がりが好みなら「Aladdin グラファイト グリル&トースター AGT-G13AG」がおすすめです。

    1,300Wの高火力で一気に焼き上げ、中はもちもち、外はカリカリに仕上がります。

    他のトースターとの違いは、深型と浅型のグリルパンが付属されている点です。

    蓋をして調理をすれば、最大330℃の高温調理が可能です。

    アラジンがあれば「焼く・煮る・蒸す・炊く」の4役を1台でこなせるのが魅力。

    たとえば、煮込みハンバーグや炊き込みごはんの調理も可能です。

    いろいろな調理を楽しみたい人は、ぜひ「Aladdin グラファイト グリル&トースター AGT-G13AG」を選んでください。

    siroca すばやきトースター ST-2D351

    1秒でも早くパンを焼きたいなら「siroca すばやきトースター ST-2D351」がおすすめです。

    上1本、下2本のカーボンヒーターが2秒で立ち上がり、たった90秒でパンが焼き上がります。

    シロカは焼きムラが少なく、ふっくら仕上がる特徴があります。

    ヒーターの熱を内部のファンで送る「熱風コンベクション」により、均等に熱が伝わるからです。

    siroca すばやきトースター ST-2D351」は、短時間でトーストを焼きたい人にぴったりです。

    トースターに関するよくある質問

    トースターを購入する際は、以下3つの質問をおさえておきましょう。

    オーブントースターのメリット・デメリットは?

    オーブントースターのメリットは、焼き上がりが早い点です。

    スクロールできます
    メリットデメリット
    ・スペースをとらない
    ・焦げ目をつけやすい
    ・予熱がいらない
    ・焼き上がりが早い
    ・多くの量を一度に調理できない
    ・調理できる厚さや形が限定される

    一例として、シロカのオーブントースターとオーブンレンジを比較します。

    スクロールできます
    すばやきトースター ST-2D351オーブンレンジ(SX-20G151)
    トースト時間90秒約7分
    本体外形サイズ幅35.0×奥行32.0×高さ23.0cm幅44.0×奥行37.9×高さ32.7cm
    重さ4.8kg14.6kg

    オーブンレンジでは、トーストの焼き上がりに7分程度必要ですが、オーブントースターは90秒で焼き上がります。

    また、オーブンレンジは庫内が広いため、温度が下がりやすく予熱が必要です。

    その一方で、コンパクトで立ち上がりの早いオーブントースターでは、予熱の必要はありません。

    1秒でも早く焼き上げたい人は、オーブントースターがおすすめです。

    デメリットはオーブンレンジと比べ、庫内のサイズが小さいことです。

    大きめのピザやグラタン皿は入らないため、2人以上で使うならオーブンレンジも併用した方がよいでしょう。

    オーブントースターの危険性は?焼いてはいけないものはある?

    加熱した食材や庫内が高温になりやすいので、火傷の危険があります。

    加熱した直後は素手で触らないように気をつけましょう。

    また、内蔵モーターに油や食材が当たると発火の原因になります。

    チーズやクリームなどを焼く場合は、トレイやアルミホイルを敷いて使いましょう。

    オーブントースターで​​焼いてはいけない素材は、以下の3つです。

    • プラスチック
    • 木製食器
    • 耐熱でないガラス

    破損や火災の原因になるので、使用前には素材を確認しましょう。

    スチームオーブントースターのメリットは?

    スチーム機能のメリットは、外はカリッと中はふっくらとした食感になる点です。

    スチームオーブントースターは、ボイラーを加熱することで水蒸気を発生させます。

    水蒸気でパンの表面を薄い水分の膜でおおうため、水分を逃しません。

    スチームによる素早い加熱で、パンの表面だけをカリッと焼き上げます。

    そのため、パンの水分やバターの香りを逃しません。

    まとめ

    本記事では買ってはいけないトースターを解説しました。

    以下の特徴に当てはまるトースターはおすすめできません。

    買ってはいけないトースターの特徴
    • 庫内がせまい
    • 温度調節できない
    • 掃除しにくい

    特徴をきちんと理解してから、自分に合ったトースターを購入しましょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

    CAPTCHA

    目次