買ってはいけない4Kテレビはどれ?避けるべき特徴・メーカーを紹介

    本記事のリンクには広告がふくまれています。

    高画質でテレビ番組や映画を視聴できる4Kテレビ

    「4Kテレビ = 高品質・高性能」というイメージを持つ人もいるでしょう。

    しかし、なかには「買ってはいけない」といわれる製品もあります。

    本記事では「どの4Kテレビなら買って大丈夫?」という人のために、買ってはいけない4Kテレビの特徴とその理由を解説します。

    逆に買うべきおすすめの4Kテレビも紹介しているので、これから買う人はぜひ参考にしてください。

    なお、買ってはいけないテレビメーカーは、こちらの記事で特集しているので参考ください。

    あわせて読みたい
    買ってはいけないテレビメーカーはどれ?避けるべき特徴・理由を紹介 地上波番組の視聴だけでなく、ネット動画や映画の視聴にも使うテレビ。 テレビにはさまざまメーカーがあり、安いものから高いものまで販売されています。 どの製品を購...
    目次

    「買ってはいけないドットコム」は、かしこい買い物をしたい方のためのお助けサイトです。あらゆるジャンルの「買ってはいけない商品の特徴」をまとめ、損しないアイテムを紹介していきます。

    買ってはいけない4Kテレビの特徴

    ここでは、買ってはいけない4Kテレビの特徴とその理由を説明します。

    置く場所に困るサイズの製品

    4Kテレビを購入するときは、テレビ本体のサイズを確かめずに買ってはいけません。

    「大きな4Kテレビを買って高画質で大画面を楽しみたい」という人もいるでしょう。

    しかし、テレビは大きければいいというわけではありません。

    適切なテレビのサイズは各家庭で異なります。

    観やすいテレビかどうかは、部屋全体の広さテレビまでの距離感(視聴距離)が関係しています。

    具体的には、4Kテレビの視聴距離(cm)の目安は「画面の高さ(cm)x 1.5」が適切な数値です。

    大画面にこだわって一番大きな4Kテレビを買うと、置く場所や圧迫感に悩む可能性があります。

    部屋の広さと視聴距離を考慮し、最適なサイズの4Kテレビを選びましょう。

    メーカーの保証期間が短い製品

    ハイビジョンやフルハイビジョンより高画質な4Kテレビは、テレビの中でも高価な製品です。

    高い買い物なので、保証期間ができるだけ長い製品を選びましょう。

    保証期間が終了すると、画面の破損や音割れ、リモコンの不具合などがあったときに修理代がかかります。

    最近のテレビには多数の機能がつき、リモコンにも「放送切替」や「番組情報」などさまざまなボタンがあります。

    テレビの購入直後は使わなくても、操作に慣れてから初めて試してみる機能などがあるはずです。

    異常に気付いて修理に出したくても、保証期間からすでに外れていては意味がないですよね。

    メーカーや販売店によって保証期間が異なるので、製品ごとに保証期間の長さをよく確認しましょう。

    必要な機能がついていない製品

    使用目的にあった機能がついていない4Kテレビは避けましょう。

    テレビには以下のようにさまざまな機能がついています。

    倍速駆動残像感が軽減されて動きの速い映像も見やすい
    HDR対応従来よりも表現できる明るさの範囲が広く高画質
    インターネット接続インターネット検索がテレビでできる
    自動録画機能複数のチャンネルの番組をすべて自動で録画する

    たとえば、スポーツやゲームを楽しむ人には、残像感を軽減する倍速駆動搭載がおすすめです。

    また、YouTubeやNetflixなどの配信サービスをテレビ画面で見たいなら、インターネット接続可能な4Kテレビが必要です。

    一方、まったく使わない機能がついていると、コストパフォーマンスが悪くなります。

    製品によって機能に違いがあるので、大きさや映像美だけでなく、機能にも着目して購入しましょう。

    壁掛けタイプの製品

    特に壁掛けタイプにこだわりがないのなら、壁掛けタイプの4Kテレビを買うのはおすすめしません。

    壁掛けタイプの4Kテレビは、専用のスタンドも購入する必要があります。

    製品によっては壁に穴をあけなければいけない場合もあり、設置に手間と費用がかかります。

    結果的にテレビ本体以上の設備費や工事費がかかる可能性があるので、とくべつ欲しいわけでないなら壁掛けタイプの製品は避けましょう。

    聞いたことがないメーカーの製品

    知名度の低いメーカーの製品は、口コミや評判などの情報が少なく見つかりにくいです。

    そのためどのような製品なのか分からず「思っていたのと違った」と後悔するリスクが高くなります

    また、有名メーカーのように長期保証やカスタマーサポートが充実していない場合もあるので、購入する場合は確認が必要です。

    相場よりも極端に価格が安い製品は、品質やカスタマーサポートが不十分な可能性があります。

    無名でも品質が高く良い製品であれば何かしらの口コミが見つかるはずなので、見当たらない場合は購入を控えた方が良いでしょう。

    買ってはいけない4Kテレビのメーカーってあるの?

    買ってはいけない4Kテレビのメーカーがあるのか、次の5つを調べていきます。

    東芝はどう?

    家電製品から電子部品や鉄道車両など、幅広く事業を展開している東芝

    テレビでは「REGZA」が有名です。

    REGZAには以下の特徴があります。

    • 色表現領域が広く豊かな色彩
    • 立体的でダイナミックな音質
    • 予約のいらない自動録画機能

    REGZAは「カメラの前に広がる光景をありのままに映す」ことを目指して開発されており、繊細で鮮やかな画質が楽しめます。

    また、「タイムシフトマシン」という機能で、予約をしなくても最大地デジ6チャンネルを自動で録画してくれます。

    放送時間に関係なく、好きな番組がいつでも視聴可能です。

    SNSでは驚くほどの画質の良さが評判になっていました。

    4Kテレビならではの高画質な映像を楽しみたい人にぴったりな製品です。

    シャープはどう?

    多様な製品を生産している電機メーカーで、特に液晶ディスプレイの品質に対する評価が高いシャープ

    テレビは「AQUOS」が有名です。

    AQUOSの主な特徴は以下のとおりです。

    • 「低映り込み有機ELパネル」採用で外光の映り込みを減らせる
    • 被写体の質感や輪郭などを緻密に再現できる
    • 画面角度を調整できる「回転式スタンド」採用している

    低映り込み有機ELパネル」を採用し、テレビを見ている人の姿などが画面に反射しにくい仕様です。

    また、「回転式スタンド」で画面の角度を細かく調整できるので、部屋のどこからでも快適にテレビを視聴できます。

    SNSではゲーム画面やYouTubeの映像がきれいに見えるという声が上がっていました。

    画質が良いだけでなく、角度の微調整ができる4Kテレビが欲しい人におすすめです。

    シャープ(SHARP)
    ¥85,068 (2024/04/13 06:49時点 | Amazon調べ)
    \ポイント最大9倍!/
    楽天市場
    \ポイント5%還元!/
    Yahooショッピング

    ソニーはどう?

    世界的に有名な国内総合電機メーカーのソニー

    4Kテレビは「BRAVIA」があります。

    BRAVIAの特徴は以下のとおりです。

    • 横断的な映像信号の分析により映像が自然に映る
    • 立体的な音響により臨場感がある
    • 多数の4K配信サービスに対応している

    ソニーでは認知特性プロセッサー「XR」を開発し、AI技術によって今までの製品よりも高画質・高音質のテレビを実現しました。

    またBRAVIAには、スマホのようにアプリを楽しめるAndroid TV機能を標準搭載し、以下の4K配信サービスが楽しめます。

    • Netflix
    • Amazonプライムビデオ
    • アクトビラ
    • dTV
    • U-NEXT
    • YouTube

    SNSでは有機ELの黒の美しさや音質の良さが好評です。

    高画質なテレビでいろいろな番組を楽しみたい人にはBRAVIAがおすすめです。

    パナソニックはどう?

    家電や住宅設備など、生活に関わるさまざまな製品を生産しているパナソニック

    パナソニックの4Kテレビは「ビエラ」が有名です。

    ビエラには以下の特徴があります。

    • 独自設計の高輝度ディスプレイで美しく映る
    • 上向きと横向き両方のスピーカーにより音が立体的に響く
    • Google アシスタントやAmazon Alexaに対応しており音声操作できる

    ビエラのディスプレイはパナソニックが独自設計・組立てを行い、高コントラストで美しい映像が視聴可能です。

    また最新技術により、テレビ本体のスピーカーだけとは思えないほどの立体的な音響が楽しめます。

    SNSでは、臨場感のある音質の良さや画質の高精さが報告されていました。

    リアルで迫力ある映像を楽しみたい人は、ビエラをぜひ購入してみてください。

    \ポイント最大9倍!/
    楽天市場
    \ポイント5%還元!/
    Yahooショッピング

    LGはどう?

    ディスプレイをメインに製造している家電メーカーだけに、OLED(有機EL)を採用した画面のクオリティの高さに定評があるLG。

    ソニーやパナソニックにもディスプレイを提供しており、PCモニターのシェアは日本国内でトップクラスです。

    注目すべきはAI Processorを搭載していることです。

    AIによる画像処理や音声認識により映像と音声の最適化が行われ、より快適な視聴体験を実現しています。

    他にも次のような特徴があり、世界的シェアの高いメーカーです。

    • Dolby AtmosやDTS:X対応で臨場感あふれるサウンド
    • ゲームモードを搭載
    • 音声入力機能搭載で声で操作可能

    SNSではゲームモードの入力遅延の少なさや動画のなめらかさに定評があるようです。

    \ポイント最大9倍!/
    楽天市場
    \ポイント5%還元!/
    Yahooショッピング

    4Kテレビを買って失敗したエピソードは?

    当サイトで募集して集まった4Kテレビの失敗エピソードを紹介します。

    パナソニック VIERA 

    去年購入したのですが3ヶ月くらいで、勝手にテレビが消える現象が起きました。何回つけても何回も消えます。1年保証がついてたので治してもらいましたが、買って3ヶ月で壊れるとかやばいなと思いました。(34歳男性)

    東芝REGZA 55M550K

    今まで使用していたテレビと比べて、暗さが目立つと感じました。他と比べて安めだったため、コスパ重視で選んでしまいました。(33歳女性)

    東芝 REGZA C350Xシリーズ

    横に思ったより長くて、少し不便かも。縦の長さがあっても良いと思います。画質も良いですが、目が疲れる。(35歳女性)

    アイリスオーヤマ スマート液晶テレビ

    初期不良が多く、画質と音質が悪いです。それと安いからかわからないですが、こわれるのも早く、高いのを買えば良かったと思っていました。(20歳女性)

    サムスン THE FRAME

    デザインがスタイリッシュで、薄く軽量なので便利で場所をとりません。しかし、ある時引っ越しでテレビを壁に装着したら、床に落下し倒れてしまいました。テレビ自体が薄いせいか、画面が少しヒビ割れてしまったのが残念でした。また、日本製よりも画面精度が良くないと思います。(28歳男性)

    シャープ AQUOS

    2年前にAQUOSの4Kのテレビを購入しました。なぜAQUOSだったかは奥さんが安いから自分に相談せず購入しました。その一つ前は東芝のREGZAでした。購入してすぐに後悔したのが、録画した番組が1.5倍速がなくこれは失敗したなと思いました。REGZAが余計に素晴らしいテレビだったと感じました。また、最大のストレスは電源をつけてからが遅く、具体的にREGZAなら電源をつけて10秒かかりませんが、AQUOSは15秒くらいかかります。これが一番買ってはいけないなと感じたところです。(49歳男性)

    FUNAI FL-55UF340

    スポーツ番組を見ている時、残像現象が非常に目立ったからです。また液晶の色再現も悪く、4Kの高画質をまったく感じることができないTVでした。(36歳女性)

    4Kテレビを買うなら逆にどれがいい?

    ここからは「これなら買っても大丈夫」という4Kテレビを4つ紹介します。

    コスパで選ぶなら「ハイセンス 43E6G」

    コストパフォーマンス重視の人には「ハイセンス 43E6G」がおすすめです。

    43インチで5万円以下と、主要メーカーと比較し購入しやすい価格となっています。

    東芝と共同開発された製品で画質や音質のクオリティーが高く、多数の配信サービスにも対応しています。

    なるべく安く高品質の4Kテレビを購入したい人は「ハイセンス 43E6G」を検討してみてください。

    Hisense(ハイセンス)
    ¥49,500 (2024/04/13 06:49時点 | Amazon調べ)
    \ポイント最大9倍!/
    楽天市場
    \ポイント5%還元!/
    Yahooショッピング

    おすすめの4Kテレビは「ソニー ブラビア KJ-43X80L」

    「せっかく4Kテレビを買うなら画質にこだわりたい」という人には「ソニー ブラビア KJ-43X80L」がおすすめです。

    4K高画質プロセッサー「X1( エックスワン)」がリアルな映像美を実現。

    「BRAVIA CORE(ブラビア コア)」では、ソニー特有のコンテンツを楽しめます。

    その他にも「Google TV機能」や「スマホ連携」など、さまざまなエンターテイメントを満喫できる一台です。

    さらに「X-Wide Angle」を搭載し、斜めから⾒ても正面から見ているときと同等の⾼画質で視聴可能です。

    高画質を堪能したい人は「ソニー ブラビア KJ-43X80L」をぜひ購入してみてください。

    \ポイント最大9倍!/
    楽天市場
    \ポイント5%還元!/
    Yahooショッピング

    ゲームを快適に楽しみたいなら「LG 55QNED85JQA」

    4Kテレビでゲームをプレイしたいなら「LG 55QNED85JQA」がおすすめです。

    ゲームからの映像信号を高速処理でき、シューティングやスポーツゲームなどの激しい動きのあるゲームも表示の遅れを感じません。

    PlayStation5など次世代ゲーム機の動きにも対応可能です。

    もちろんゲームだけでなく、テレビ番組や映画なども高画質で楽しめます。

    快適な環境で集中してゲームを楽しみたいなら「LG 55QNED85JQA」でプレイしてみてください。

    壁掛けにしたいなら「Panasonic  TH-55LW1」

    壁掛けのTVは工事費用がかかり設置が難しいとされていますが、スタイリッシュさやケーブルを隠せる点などメリットも多いタイプです。

    2022年の年末に放送されたアメトークで家電芸人が紹介した「Panasonic  TH-55LW1」は、壁から画面まで約3.5cmで見た目もスッキリします。

    「薄型で邪魔にならず、まさにアートフレーム感覚で設置できる」という口コミもあり、評判は悪くありません。

    Bluetooth、YouTubeにも対応しておりエンタメを楽しみたい人におすすめです。

    \ポイント最大9倍!/
    楽天市場
    \ポイント5%還元!/
    Yahooショッピング

    4Kテレビの買い方に関するよくある質問

    4Kテレビの買い方についてよくある質問を集めてみました。

    4Kテレビを購入するメリットは?

    4Kテレビは通常のテレビより画素数と解像度が高く、目が疲れにくいというメリットがあります。

    また、地上波放送やDVDを高画質で視聴できるので、動きの速いスポーツの試合やアクションシーンなどが臨場感を持って楽しめます。

    快適に美しい映像を楽しめるので「家でも映画館のようなクオリティーで見たい」という人に4Kテレビはおすすめです。

    4Kテレビは買ったらすぐに観れる?

    今のところ地上波は4K放送に対応していません。

    BSとCSは4K放送に対応していますが、場合によっては4Kテレビを買うだけでは不十分です。

    BS・CSの4Kチューナーが内蔵されている4Kテレビでない場合、外部の4Kチューナーを購入する必要があります。

    「4Kチューナー内蔵」と表記されていなければ、チューナーを別途買わなければいけない可能性があります。

    4Kテレビを購入する前に製品の説明をよく確認しましょう。

    一般的に4Kテレビの寿命はどのくらい?

    4Kテレビの一般的な発光寿命はおよそ6万時間です。

    仮に毎日3時間テレビを見たとして、50年以上は使い続けられる計算です。

    ただし、長く使用している間に液晶画面を傷つけてしまい、画面が割れて発行寿命が来る前に見られなくなることも考えられます。

    実際にどのくらい持つかは各家庭の使い方によるので、使用頻度に応じて買い替えを検討しましょう。

    プライベートブランドの4Kテレビを買っても大丈夫?

    価格や性能を他製品と比べ、自分のニーズに合致すれば購入を検討しましょう。

    有名なところでは、ドン・キホーテがプライベートブランドの4Kテレビを販売しています。

    高画質なだけでなく裏番組録画機能もつき、3万円程度で購入可能です。

    安く4Kテレビを手に入れたい人は店舗でチェックしてみてください。

    32インチで4Kテレビが売っていないのは何故?

    4K解像度(3840×2160)は、高い画質と鮮明さを提供する一方で、画面サイズに対して必要なピクセル密度が高く、ある程度の画面サイズが必要です。

    32インチで実現させるには技術的にもコスト的にも難しく、そのため市場にあまり出回っていない可能性があります。

    また、4Kや8Kの高画質を好む人は大型の画面サイズを選ぶ人が多いため、32インチの需要が低くなっていることも考えられます。

    まとめ

    4Kテレビは以下に該当する製品を買ってはいけません。

    買ってはいけない4Kテレビの特徴
    • 置く場所に困るサイズの製品
    • メーカーの保証期間が短い製品
    • 必要な機能がついていない製品
    • 壁掛けタイプの製品
    • 聞いたことがないメーカーの製品

    買ってはいけない4Kテレビと買ってOKな4Kテレビを見極め、快適に視聴できる製品を選びましょう。

    あわせて読みたい
    買ってはいけないテレビメーカーはどれ?避けるべき特徴・理由を紹介 地上波番組の視聴だけでなく、ネット動画や映画の視聴にも使うテレビ。 テレビにはさまざまメーカーがあり、安いものから高いものまで販売されています。 どの製品を購...
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

    CAPTCHA

    目次