買ってよかったノートパソコンはどれ?買ってから後悔しないために必読…!

    本記事のリンクには広告がふくまれています。

    ノートパソコンを買うときは「メーカーも性能も複雑で、どれを買えばいいかわからない」と悩む人が多いのではないでしょうか。

    そんな人のために本記事では、ノートパソコンの選び方や「買ってよかった」と評価されているノートパソコンとその理由を紹介しています。

    一方「これは買わないほうがいい」というノートパソコンの特徴も解説します。

    買ってから後悔しないように必須のポイントを押さえ、最適なノートパソコンを選びましょう。

    目次

    「買ってはいけないドットコム」は、かしこい買い物をしたい方のためのお助けサイトです。あらゆるジャンルの「買ってはいけない商品の特徴」をまとめ、損しないアイテムを紹介していきます。

    買ってよかったと思えるノートパソコンの選び方は

    「買ってよかった」と思えるノートパソコンの選び方を具体的に解説します。

    用途で選ぶ

    購入前に用途を決めておくと、最適なパソコン選びができます。

    動画編集をしたいのか、大学のレポートで使用したいのかで、パソコンに必要なスペックが大きく違ってくるからです。

    おもに大事なのは、パソコンの基本性能を決めるCPUのバージョンと、情報の処理速度を決めるメモリの容量です。

    スクロールできます
    用途推奨CPUメモリ
    大学のレポートCore i3 以上
    Ryzen 3 以上
    8GB 以上
    ビジネスCore i5 以上
    Ryzen 5 以上
    8GB 以上
    動画編集Core i7 以上
    Ryzen 7 以上
    16GB 以上

    もちろん性能が上がると価格も高くなるので、ムダにお金をかけないためにも、先に用途を見極めてから購入しましょう。

    画面サイズで選ぶ

    ノートパソコンは持ち運びするため、画面サイズも選ぶ基準のひとつとして考えられます。

    スクロールできます
    大きさ特徴
    12〜14インチ主に持ち運ぶ人用のサイズ
    15インチ以上自宅やオフィスで使用する人用のサイズ

    持ち運びやすさを考えるなら、カバンに入れやすく画面が見やすい13インチ前後がおすすめです。

    画面サイズが大きくなるにつれて重量も上がるので、持ち運ぶ頻度などで考えるのがいいでしょう。

    ただ現在は、外付けディスプレイをAmazonで安価に購入できます。

    そのため、ノートパソコンは軽量性と低価格を重視し、ディスプレイは別で買うのも賢い選択でしょう。

    Officeの有無で選ぶ

    パソコンを購入するときは、エクセルやワードを使うための「Officeソフト」が付属しているかどうかで決めるのもおすすめです。

    Officeに対応しているパソコンであれば、あとから追加もできますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

    スクロールできます
    Office有無メリットデメリット
    有りあとで追加するより割安でOfficeを購入できる他のパソコンでOfficeを使用できない
    無し使用しているパソコンが壊れても、他のパソコンでOfficeを使用できる付属しているパソコンよりOfficeが割高になる

    一例として、MacBookにOfficeソフトを追加する場合は、以下の費用がかかります。

    • Office Home & Student 2021 for Mac:26,180円(税込)
    • Office Academic 2021 for Mac:20,136円(税込)

    ただ「GoogleWorkspace」というOfficeと似た無料ツールもあるので、Officeにこだわらなくてもよいでしょう。

    端子の種類で選ぶ

    ノートパソコンを選ぶときは「使用する端子の差し込み口が搭載されているか」が重要です。

    たとえば、パソコンの画面を外部ディスプレイに表示させたい場合、USB端子を使います。

    そのため、使用したい端子の差し込み口がなければ、パソコンの機能を十分に活用できません

    ノートパソコンを購入する際は、使用できる端子の種類をチェックしておきましょう。

    端子の種類や用途は以下のとおりです。

    スクロールできます
    端子の種類用途
    USB Type-A・パソコン
    ・ゲーム機など
    USB Type-B・プリンター
    ・スキャナーなど
    USB Type-C・MacBook
    ・iPad Proなど
    HDMI・テレビ
    ・プロジェクターなど
    SDカード・デジタル画像

    端子の種類は他にもありますが、端子の差し込み口が多すぎるパソコンはおすすめしません。

    端子の差し込み口が多いノートパソコンは、設計や製造にコストがかかるため、価格が高くなりやすいからです。

    もし迷ったら、以下の端子が接続できるノートパソコンを選ぶとよいでしょう。

    • USB Type-C(ThunderboltまたはUSB4対応)
    • HDMI

    とくに、USB Type-Cは使用頻度が高いので、2つ以上の差し込み口があるノートパソコンがおすすめです。

    OSの種類で選ぶ

    ノートパソコンを選ぶ際、OSは非常に重要です。

    OSとはパソコンの中心になるソフトウェアのことで、OSがないとパソコンは動きません。

    OSの主な機能は、以下の3つです。

    • パソコンのセキュリティとデータを保護する
    • クラウドサービスとの連携がスムーズにできる
    • データの保護と復元が簡単にできる

    以上の理由から、OS選びはパソコンの使い勝手や機能性、セキュリティなどに大きく影響します。

    主なOSの種類は3つで、メリットとデメリットは以下のとおりです。

    スクロールできます
    OSの種類メリットデメリット
    Windows・多くのソフトで使える
    ・ゲームの種類が多い
    ・インターフェースの一貫性がない
    ・ウイルス感染のリスクがある
    macOS・セキュリティが高い
    ・クリエイティブな操作に強い
    ・Apple製品しか使えない
    ・Windowsに比べゲームの種類が少ない
    ChromeOS・動作が速い
    ・セットアップが簡単にできる
    ・オフラインでの作業が制限される
    ・使えるソフトが限られる

    使用目的に合ったOS搭載のノートパソコンを選んでみてください。

    CPUの性能で選ぶ

    パソコンの処理能力を決めるCPUは、パソコン選びに欠かせません。

    CPUとは、パソコンの頭脳のようなイメージです。

    CPUは計算速度や処理能力を決定するため、性能が高いほど多くの作業を同時に行えます

    一部のソフトウェアやゲームでは、特定のCPUの性能が必要です。

    CPUによって、処理できる作業が異なります。

    スクロールできます
    CPUできる作業
    Intel Core i3 / AMD Ryzen 3・メール
    ・文書作成
    ・インターネットの閲覧
    Intel Core i5 / AMD Ryzen 5・軽度の画像編集
    ・動画編集
    Intel Core i7 / AMD Ryzen 7・重いゲーム
    ・ビデオ編集
    Intel Core i9 / AMD Ryzen 9・専門的な映像編集
    ・大規模なデータ処理

    可能であれば、Intel Core i5またはAMD Ryzen5以上のスペックを選ぶのがおすすめです。

    Intel CoreやAMD Ryzenとは、CPUを取り扱う主要なブランド名のことです。

    それぞれの特徴は以下を参考にしてください。

    スクロールできます
    メーカー名メリットデメリット
    Intel Core・パソコンの動作が速い
    ・高品質な映像が楽しめる
    ・AMD Ryzenに比べ価格が高い
    ・高負荷の作業をすると熱くなりやすい
    AMD Ryzen・複数の作業を同時に行える
    ・価格が安い
    ・Intel Coreと比べ映像の性能は低め
    ・Intel Coreと比べ動作が遅くなりやすい

    AMD Ryzenは、Intel Coreと比較してリーズナブルな価格で提供されています。

    そのため、予算を抑えたいならAMD Ryzenがおすすめです。

    一方、Intel Coreの価格は高めですが、パソコンの動作が速いため、ゲームや動画などの再生がスムーズです。

    ただし、モデルによって性能は異なるため、用途と予算に合わせて選ぶとよいでしょう。

    4GB以上のメモリで選ぶ

    ノートパソコンを長く使いたいなら、パソコンの容量も重要です。

    メモリの容量は「GB(ギガバイト)」と呼ばれ、一般的には8GB以上が推奨されています。

    メモリが少ないとパソコンの処理速度が低下し、正常に作動しない可能性があります。

    必要なメモリ容量の目安は、以下を参考にしてみてください。

    スクロールできます
    メモリできる作業
    4GB〜8GB・メール
    ・文書作成
    ・インターネットの閲覧
    8GB〜16GB・一般的な事務作業
    16GB〜32GB・動画編集
    ・ゲーム
    32GB以上・高解像度のビデオ編集
    ・3Dモデリング

    一般的に、ノートパソコンのメモリ容量は後から増やせますが、メモリのアップグレードに対応していない製品もあります。

    そのため、ノートパソコンを購入する際は、十分なメモリの容量を確保しておきましょう。

    ストレージの種類で選ぶ

    必要なデータを保管するためには、ストレージ選びも大切な要素です。

    ストレージとは、データや情報を保存するための装置で「HDD」と「SDD」の2種類があります。

    スクロールできます
    ストレージの種類メリットデメリット
    HDD(ハードディスク)・価格が安い
    ・大容量のデータが保存できる
    ・読み込み速度が遅い
    ・衝撃や振動に弱い
    SDD(ソリット・ステート・ドライブ)・衝撃や振動に強い
    ・静音性が高い
    ・HDDと比べ価格が高い
    ・経年劣化する

    大容量のストレージが必要で、予算を抑えたいならHDDが適しています。

    一方、高速で快適に使用したい人はSSDがおすすめです。

    SSDの容量は128GB〜2TBが一般的で、最低でも256GB以上を選ぶのがおすすめです。

    使用目的や予算、データの重要性などを考慮して適切なストレージを選んでみてください。

    バッテリーの駆動時間で選ぶ

    外出先でノートパソコンを使用する機会が多い人は、バッテリーの駆動時間も確認しておきましょう。

    バッテリーの駆動時間が長ければ、電源が利用できない場所でも、安心して作業を進められるからです。

    ここからは、バッテリーの駆動時間が長いおすすめのノートパソコンを3つ紹介します。

    Apple MacBook Air M2

    外出先でノートパソコンを使う機会が多い人は「Apple MacBook Air M2」がおすすめです。

    スクロールできます
    商品名Amazon価格(税込み)バッテリーの駆動時間性能
    Apple MacBook Air M2158,141円最大18時間CPU:M2チップ
    メモリ:8GB
    サイズ:13インチ

    MacBook Air M2」は、省電力なM2チップと最適化されたソフトウェアにより、長時間のバッテリー駆動が可能です。

    バッテリーの持ちは最大18時間のため、長時間の作業でも充電切れの心配がないでしょう。

    また、耐久性のあるアルミボディを採用しており、ノートパソコンを持ち運ぶ機会が多い人も安心して使えます。

    Dell XPS 13 9315

    持ち運びのしやすさなら「Dell XPS 13 9315 」がおすすめです。

    スクロールできます
    商品名Amazon価格(税込み)バッテリーの駆動時間性能
    Dell XPS 13179,800円最大12時間CPU: Core i5
    メモリ:16GB
    サイズ:13.4インチ

    Dell XPS 13 9315 」は充電機能が優れています。

    1時間以内に最大80%まで充電できるDell独自の充電技術「ExpressCharge機能」を搭載しています。

    また、本体の重量はわずか1.17kgと軽量のため、長時間の持ち運びでも疲れにくいでしょう。

    HP Spectre x360

    外出先でクリエイティブな作業をしたいなら「HP Spectre x360」がおすすめです。

    スクロールできます
    商品名Amazon価格(税込み)バッテリーの駆動時間性能
    HP Spectre x360152,000円最大15時間CPU:Core i5 
    メモリ:8GB
    サイズ:13.5インチ

    HP Spectre x360」の特徴は、360度回転できるディスプレイです。

    特定のシーンや作業に合わせて角度を変えられるので、作業効率のアップが期待できます。

    また、画面の解像度が高く、コンテンツを鮮明に表示できるため、動画編集やゲームなどにピッタリです。

    買って後悔しないノートパソコンとは?

    ここからは、ノートパソコンを選ぶときの疑問に回答していきます。

    社会人がビジネスで使えるおすすめの最強ノートパソコンは?

    社会人がビジネスでノートパソコンを使うなら、Officeがあると無難です。

    書類作成業務なら5万円以上、クリエイティブ系の仕事なら10万円以上はかけたほうがいいでしょう。

    パソコンの性能を決めるCPUが「Core i5」以下か「Core i7以上」以上かで、上記の価格差が生まれます。

    書類作成に向いている最強ノートパソコンは「Surface Laptop Go 2」です。

    商品名販売価格(税込み)性能
    Surface Laptop Go 296,580円〜CPU:Core i5
    メモリ:4GB
    サイズ:12.4インチ

    マイクロソフトが発売しているパソコンで、Officeが元々付属し、性能も書類作成なら難なくこなせます。

    クリエイティブ系なら、Appleの「MacBook Air」がおすすめです。

    商品名Amazon価格(税込み)性能
    MacBook Air164,800円CPU:M2チップ
    メモリ:8GB
    サイズ:13インチ

    M2チップ搭載のMacBook Airは、上位モデル(MacBookPro)に劣らぬ性能を発揮し、動画編集も問題なくこなせます。

    「高画質(4K以上)」の動画を扱う場合、メモリが16GB以上あるといいです。

    しかし、4Kよりも下の画質(フルHD)であれば、上記モデル(メモリ 8GB)でまったく問題ありません。

    \ポイント最大9倍!/
    楽天市場
    \ポイント5%還元!/
    Yahooショッピング

    初心者におすすめのノートパソコンは?

    初心者の方は、中古品のノートパソコンを購入するのはやめましょう。

    見た目は綺麗でも、内部で劣化している可能性が高く、メンテナンスが大変です。

    高価なパソコンをせっかく購入しても、初心者ではオーバースペックになり、もったいないです。

    商品名Amazon価格(税込み)性能
    Google Chromebook Ideapad Duet 10.1インチ42,467円CPU:MediaTek Helio P60T プロセッサー
    (Core i3と同程度)
    メモリ:4GB
    サイズ:10.1インチ

    性能と価格のコスパを考えると、Lenovoの「Google Chromebook Ideapad Duet 10.1インチ」がおすすめです。

    2-in-1(キーボードと画面が取り外せる)かつ、2028年6月まで無料でウィルス対策が提供されます。

    まずはパソコンの使い方に慣れる必要がある、初心者にぴったりのノートパソコンです。

    大学生におすすめのノートパソコンは?

    大学生におすすめのノートパソコンは「MacBook Air」です。

    商品名公式サイト価格(税込み)性能
    MacBook Air164,800円
    150,800円(学割適用)
    CPU:M2チップ
    メモリ:8GB
    サイズ:13インチ

    大学生におすすめの「おしゃれ・機能的・安い(学割が適用可)」の三拍子がそろったパソコンです。

    学割を適用すると、本来より1万4千円安い「150,800円」で購入できます。

    また、ノートパソコンの寿命は5年といわれているので「卒業と同時にAppleの下取りに出し、新型のMacBookを持って新社会人になる」なんてこともできます。

    \ポイント最大9倍!/
    楽天市場
    \ポイント5%還元!/
    Yahooショッピング

    ノートパソコンでおすすめのメーカーは?

    ノートパソコンでおすすめのメーカーは以下のとおりです。

    Dell(デル)

    エントリーモデルからハイエンドまで、幅広く取り扱っているメーカーです。

    Inspironシリーズが有名で、価格帯は53,104〜222,736円です。

    スマホとの連携も独自機能を用いており、スムーズに接続できます。

    Lenovo(レノボ)

    個人法人問わず、事業主向けに強いメーカーです。

    ノートパソコンだけでも5シリーズとラインアップが豊富で、過去には販売台数が世界一に輝いたこともあります。

    価格帯は27,800〜150,689円で、全体的に低価格なのも特徴のひとつとして挙げられます。

    ASUS(エイスース)

    ASUSはデザイン性の高さが評価されており、SFチックなパソコンが人気です。

    価格帯は34,800〜799,800円で、かなりハイエンドな機種まで揃えているのがわかります。

    保証も手厚く、故障内容を問わず部品代金の20%のみで修理してくれます。

    Apple(アップル)

    いまや世界トップシェアのApple。

    価格帯は134,800〜764,400円と、全体的に高価格帯でそろっています。

    機能はとてもシンプルで、iPhoneやiPadとの連携が大きな強みです。

    \ポイント最大9倍!/
    楽天市場
    \ポイント5%還元!/
    Yahooショッピング

    Microsoft(マイクロソフト)

    他メーカーにない洗練されたデザインは、限りなく薄いのに頑丈さもあります。

    また、他のノートパソコンにはない特徴として、全モデルタッチスクリーンなので、タブレットのようにペンを用いたイラスト作成も可能です。

    価格帯は96,580〜187,880円です。

    NEC(エヌイーシー)

    1899年創業と古くからある国産メーカーで、幅広いラインアップとコンパクトなモデルが多く、使いやすいのが特徴です。

    価格帯は60,280〜276,980円です。

    NECのオンラインショップで購入できる、量販店では売っていないカスタムモデルもあります。

    ノートパソコンでおすすめの安い製品は?

    安いノートパソコンを狙うなら、以下のポイントに注意しましょう。

    • 整備済み品を狙う(初期不良等をメーカーが修理した製品)
    • 型落ち製品を狙う
    • 最低限必要な性能を確認する

    整備済み品や型落ち製品は金額が低くなります。

    最低限必要な性能を把握しておくと、低価格でも自分に合ったパソコンを選びやすくなるでしょう。

    上記はNECのパソコンですが、整備済みの型落ち製品で151,365円から19,800円まで安くなっています。

    office付きのノートパソコンでおすすめの製品は?

    マイクロソフトの「Surface Laptop 4」です。

    スクロールできます
    商品名 Amazon税込価格(税込み)性能
    Microsoft Surface Laptop 4137,000円CPU:Ryzen 5
    メモリ:8GB
    サイズ:13.5インチ

    Microsoft Surface Laptop 4」は、薄くて洗練されたデザインで人気があります。

    直感的な操作ができるタッチスクリーン対応で、メモやスケッチなどに便利です。

    「Microsoft Surface Laptop 4」はOfficeソフト「Office Home & Business 2021」 を標準搭載しています。

    マイクロソフトのOfficeソフトは、買い切りとサブスクリプションがあり、Office Home & Business 2021は買い切りになります。

    一度購入すれば永続的に利用できますが、2026年10月13日で公式サポートが終了する予定です。

    サポート期限が終了したOfficeソフトを使い続けると、ウイルス感染のリスクがあるため注意が必要です。

    一方で、サブスクリプションでは、常に最新版へ更新してくれるので安心して使えます。

    ただし、サブスクリプションの料金は年間15,000円程度で、買い切りより費用がかかるのがデメリットです。

    Officeソフトは、将来的にサブスクリプションが主流になるといわれています。

    そのため、サブスクリプションでOfficeソフトを使いたいなら、Office付きのパソコンは避けた方がよいでしょう。

    とはいえ、買い切りは追加の料金がかからないメリットがあります。

    Officeソフトの使用期間や予算を考慮して、買い切りとサブスクリプションの2つを検討してみてください。

    買ってはいけないノートパソコンの特徴とその理由

    以下に該当するノートパソコンを買ってはいけません。

    • OSが古い
    • メーカーサポートがない
    • CPUの性能が低い
    • メモリが4GBより少ない
    • ストレージにHDDが搭載されていない
    • サイズや重さが用途に合わない
    • 必要な端子が使えない
    • フリマアプリや中古で購入した品質保証がない製品

    全体的にスペックの低いノートパソコンはおすすめしません。

    もし価格的な問題で購入できない場合、CPUだけはなるべく妥協せずに選んでみてください。

    また、自分の使い方に適していないサイズや、ストレージがHDD(ハードディスクドライブ)のみのパソコンは避けましょう。

    SSD(ソリッドステートドライブ)なら10秒で終わることが、HDDなら1分以上かかってしまうこともあります。

    なお「買ってはいけないノートパソコンの特徴」は、こちらの記事で解説しているのでぜひ参考にしてください。

    買ってよかったノートパソコンとその理由

    買ってよかったノートパソコンは以下の5モデルです。

    スクロールできます
    製品名Amazon税込価格性能重さ画面サイズ
    Apple MacBook Air
    158,141円・CPU:M2チップ
    ・メモリ:8GB〜
    ・OS:macOS
    ・ストレージ:256GB(SSD)
    1.24kg13.3インチ
    FUJITSU LIFEBOOK WU2/H1
    238,500円・CPU:‎Intel Core i7
    ・メモリ:16GB
    ・OS:Windows
    ・ストレージ:512GB(SSD)
    868g14インチ
    NEC LAVIE N15S
    119,800円・CPU:‎Core i7
    ・メモリ:8GB
    ・OS:Windows
    ・ストレージ:512GB(SSD)
    2.2kg15.6インチ
    FUJITSU FMV Lite WA1/G3
    81,800円・CPU:Celeron
    ・メモリ:8GB
    ・OS:Windows
    ・ストレージ:256GB(SSD)
    1.95kg15.6インチ
    dynabook KZ11/U
    53,680円・CPU:Celeron
    ・メモリ:8GB
    ・OS:Windows
    ・ストレージ:128GB(SSD)
    1.18kg10.1インチ
    2023年5月時点

    Apple MacBook Air

    Apple MacBook Air」は、Appleユーザーに人気のパソコンです。

    購入者からは「すべての動作が快適」「Apple製品との互換性がよい」との声がありました。

    20代後半/男性

    以前使っていたノートパソコンと比べ、すべての動作が速く快適です。価格は高いですが買ってよかったです。

    40代後半/女性

    iPhone持ちなので、apple製品との互換性がスムーズです。あとスタイルと質感が好きです。

    すでにiPhoneやiPadなどのApple製品を使っている人におすすめです。

    FUJITSU LIFEBOOK WU2/H1

    FUJITSU LIFEBOOK WU2/H1」は本体重量868gの軽量モデルです。

    購入者からは「作業がはかどる」との声がありました。

    30代前半/男性

    情報処理が非常に早く、ストレスなしで作業がはかどります。メモリ量が多いのでマルチタスクに向いています。

    メモリは16GB搭載で、画像や動画編集などの作業も快適に行えます。

    外出先でもクリエイティブな作業をしたい人におすすめです。

    NEC LAVIE N15S

    NEC LAVIE N15S」はデータの読み込みができる「光学ドライブ」が搭載されています。

    購入者からは「アフターサービスが充実している」との声がありました。

    40代前半/女性

    スペックを自由にカスタマイズできるのがよい点です。価格が手頃で耐久性がよく、アフターサポートも充実しています。

    LAVIEはチャットで24時間問い合わせできるので、故障の際も安心です。

    NEC LAVIE N15S」は、レポートを提出する機会の多い学生や、DVDをノートパソコンで視聴したい人におすすめです。

    FUJITSU FMV Lite WA1/G3

    FUJITSU FMV Lite WA1/G3」は、Office搭載のパソコンです。

    購入者からは「サイズが丁度よい」との声がありました。

    30代後半/男性

    以前使っていたパソコンより使いやすくて安定感があります。サイズも丁度よく、快適に使えるので買ってよかったです。

     ただし、CPUはCore i5のような中間クラスよりスペックの低い「‎Celeron」搭載のため、マルチタスクでは動作が遅くなる可能性があります。

    dynabook KZ11/U

    dynabook KZ11/U」は10.1インチの小型サイズのノートパソコンです。

    購入者からは「外出先の利用に便利」との声がありました。

    60代前半/男性

    男性2in1タイプの小型ノートPCで、本体とキーボードが分離します。そのため、付属のキーボードとは別に、携帯用に軽量のキーボードを購入しました。今では荷物が軽くなり非常に楽です。自宅でメインに使っているWindowsのパソコンとノートPCと連携させているので、自宅とほぼ同じ作業が外出先でも行えるため重宝しています。

    CPUは性能低めの「‎Celeron」ですが、価格は5万円台と小型ノートパソコンのなかでは非常に安いです。

    外出用に使える2台目のノートパソコンを安く購入したい人におすすめです。

    まとめ

    「買ってよかった」と思えるノートパソコンを選ぶためには、以下9つの特徴を重視しましょう。

    買ってよかったノートパソコンの特徴
    • 用途で選ぶ
    • 画面サイズで選ぶ
    • Officeの有無で選ぶ
    • 端子の種類で選ぶ
    • OSの種類で選ぶ
    • CPUの性能で選ぶ
    • 4GB以上のメモリで選ぶ
    • ストレージの種類で選ぶ
    • バッテリーの駆動時間で選ぶ

    本記事で紹介している「買ってよかったノートパソコンの特徴と理由」を参考に、自分にぴったりな製品を見つけてくださいね。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

    CAPTCHA

    目次